当院のコンセプト

来楽整体院の特徴

来楽整体院について

あなたの健康と美(若返り)のお手伝い

当院は手と足を使う独特な技法で、筋肉をころがし、血流やリンパの流れを促し、筋肉を無理なくゆるめ、顎関節調整をし、骨盤の歪みを整えていきます。

「腰痛の原因が骨盤の歪みにあり」
という理論をもとに考えられた骨盤整体です。

また、肩こり・首こり・頭痛でお悩みの方は、頭部のバランスを調整し、顎関節をゆるめ血行を促し、無理なく首と肩の筋肉をほぐしていきます。

当院は、痛みを根本から改善することを基本としていますが、施術を受けていくことにより、血流やリンパの流れがよくなりますので、お顔のニキビや吹き出物が改善され、美白になりアンチエイジング効果(若返り効果)は期待できます。

日々の疲れた身体のケアーやメンテナンス、ご年配の方もお気軽にお越しください。
あなたの健康と美(若返り)のお手伝いをさせてください。

こんな方が来院されています!

椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・ギックリ腰・脊柱管狭窄症・慢性・急性腰痛・膝痛・肩こり・首こり・偏頭痛・
更年期障害・自律神経失調症・身体の歪み・不妊症・冷え症・体質改善・身体のメンテナンスなど。

整体師のご紹介

来楽整体院 新井佳江

来楽整体院 新井佳江

私は日本整体師養成学校を終了後、数多くの整体院をまわり、腰痛の名整体師、川俣泉先生のところに行きつきました。
他院にはない、独自の施術に感銘を受け弟子入りを決意しました。

川俣氏は腰痛治療室、山田クリニックの院長とタッグを組み、10年間腰痛疾患の患者さんの臨床、治療をしおおきな成果を上げました。その後、独立し、川俣式骨盤整体を生み出しました。 みなさまも一度川俣式骨盤整体を体感してみてください。

川俣式骨盤矯正とは?

骨盤整体

骨盤整体

私の師匠である、川俣泉氏は、元山田クリニック院長、山田仁先生が提案した、「腰痛の根本原因は、腰椎の土台である骨盤という立体骨格のゆがみ(=骨盤のアライメントの異常=主に仙腸関節の機能異常)にある」という骨盤性腰痛理論に基づいて臨床・指導を受け様々な腰痛疾患の治療に携わってまいりました。

腰痛の原因と考えられている背骨(椎間板)にはもちろん注目しますが、それ以上に背骨の土台である骨盤が重要ではないかと考えています。

骨盤は腰椎を含めた背骨を支えている土台です。腸骨・仙骨・恥骨で形成されその間にある仙腸関節があります。
この関節は二つで一対の関節でなり立体骨格ですから、立体骨格の物理的特性として「ひずみや歪み」を生じやすくなります。

土台の骨盤がゆがむと体のバランスをとるために、その上にのっている背骨にも不自然な曲がりやねじれが生じ、腰椎や椎間板に負担をかけることになります。そのために腰椎(背骨)や筋肉の異常も起こるのです。

このような理論に基づき山田先生が改良した骨盤理学療法で、病院では椎間板ヘルニアなどの診断を受け手術でないと治らないと言われた数多くの患者さんが、手術をしなくても骨盤の歪み安定させるだけで痛みやしびれが改善されています。

CMK骨盤理学療法

CMK骨盤理学療法

山田クリニックの山田仁院長により、開発考案された腰痛治療のための変形徒手整復法です。

骨盤や骨格のアライメントの異常(歪み)を主に手や足で押圧したり、伸展させることによって、下腿部、大腿部、背中の筋肉群を緩める操作から始まり、次いで骨盤全体の筋肉群を緩めてアライメント(立体構造)を正常に戻すことによって痛みを軽減させ、本来のバランスを回復させる治療法です。ゴムバンド運動療法とあわせて行うとより効果的です。

対象となる主な腰痛疾患は、慢性腰痛症、腰部筋膜症、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、変形性脊椎症、脊椎管狭窄症、骨粗鬆症などが挙げられます。
これらの症状の原因となる骨盤のアライメントの異常(歪み)の中心は、「仙腸関節の機能異常」でありますが、さらに、「腰仙関節」や「股関節」も含んだ複雑な関節機能異常がアライメントの異常を生じさせています。

これら腰痛症発生のメカニズムとして、常時、骨盤を広げようとする力が上半身の体重によってかけられていることが挙げられます。これにより、仙腸関節の機能異常がが生じやすくなっているのです。

ゴムバンドはこの骨盤を広げようとする力に対抗する効果があるのです。ですから、腰回し体操は、ゴムバンドを骨盤の正しい位置に巻いてから行うことによって、初めてその効果が期待されるのです。

ゴムバンドで行う腰回し運動は、腰痛の患者さんだけではなく、やせる効果も期待できます。
また、骨盤矯正の方にも有効です。
ご予約・お問合せは|080-5904-1184
来楽整体院へのアクセス
  • 整体師のご紹介
  • お客様の声
  • 川俣式骨盤矯正とは?
  • 来楽整体院からのお知らせ

ページの最上部へ